花の撮り方にはまだまだ可能性がある。アーヴィング・ペン『フラワーズ』|飯沢耕太郎が選ぶ「時代に残る写真集」Vol.15


 
 アーヴィング・ペン(1917~2009)は、アメリカ、ニュージャージー州ペンフィールドの生まれ。フィラデルフィアの工芸学校で、アート・ディレクターのアレクセイ・ブロドヴィッチに学び、1938年からグラフィック・デザインの仕事を始める。『ヴォーグ』のアレクサンダー・リーバーマンに認められて、同誌でファッション写真を撮影するようになり、戦後、その第一人者として人気を博した。

 第二次世界大戦後のアメリカのファッション写真をリードし、リチャード・アヴェドンと人気を二分したアーヴィング・ペンは、常に実験精神を発揮して新たな領域にチャレンジする写真家でもあった。

 1940〜50年代には、スタジオにパネルを立てて狭い三角形の空間を作り、そこにモデルたちを閉じ込めて撮影するポートレートの連作を発表する。1974年に写真集として刊行された『小さな部屋の中の世界』(Worlds in a Small Room)では、テント形式の仮設スタジオを世界各地に設置し、その土地の住人たちを撮影した。代表作の一つである「シガレット」のシリーズでは、道端に投げ捨てられた煙草の吸い殻を、8×10インチ判の大判カメラで撮影し、プラチナプリントに焼き付けた作品を制作している。

 1967年から73年にかけて、毎年『ヴォーグ』のクリスマス特集号に発表された「フラワーズ」も一筋縄ではいかないシリーズだ。罌粟(ポピー)、チューリップ、薔薇、百合、芍薬、蘭、ベゴニア――これらの花々はポピュラーな被写体として多くの写真家たちに撮影されてきたものだが、
---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ