大勢の中に埋没しないためには?写真家を目指す人へテラウチ流アドバイス


テラウチマサトの写真の教科書vol.22。
今回は、「写真で食べていきたい、写真を仕事にしたい」という人へ、長年写真家として活動してきたテラウチマサトがアドバイスを贈ります。前編・後編の2編に分けてお届け。前編では、SNSで簡単に作品が発表できる現代で、大切にしてほしいことを語ります。

―――――

誰に向けた作品なのか

現在、写真は多くの人々の生活の中に浸透したものになってきた。
写真を“楽しむ”という点においては、現代の写真は随分、気軽なものになっていると思う。お金をかけずともSNSなどで色々と写真を発表することができ、大勢の人に自分の作品を届けるツールがある。全く名前の知られていなかった人が、誰かの「いいね」をきっかけに世界中から支持される。そんなことが、夢物語ではなくなってきた。Instagramからはじまる作家が出てきたことは、とてもいいことだと思う。

そんな現代で、若者たちが「写真で食べていきたい、写真を仕事にしたい」と思った時、大切なことはなんだろう。
今回は、写真家として生きてきた僕が、これから写真家を目指す人たちに必要じゃないかと思っていることについて話したいと思う。僕の話が、若い世代のこれからに役立つものであれば嬉しい。

いちばん最初に考えてみてほしいと思うのは、表現の種類について。たとえば文章という表現には、「日記」「手紙」「小説」という風に、いくつもの異なる形がある。
「日記」は、自分の心に向かって書くもの。外に開いたものではなくて、内側に矢印が向く。「手紙」は、誰かに向けて書くもの。その誰かは基本的には一人か、少人数。そして「小説」は、見ず知らずの大多数、顔の見えない誰かに向けて書くものだ。
これは文章だけの話ではないと僕は思っている。まず気づいてほしいのは、写真にも文章同様、先に挙げたような種類が存在するということだ。

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ