旅先で使える!心を動かす風景写真の撮り方1/2


旅先でせっかくいい風景に出合ったのに、思い通りの写真にならないことはありませんか?
今回は、PHaT PHOTO写真教室講師の設楽季昭先生が、心を動かす風景写真を撮るためのコツをご紹介します!

\今回ご登場いただく先生はこちら!/

設楽 季昭(しだら としあき)
PHaT PHOTO写真教室で写真を始め、2006年よりPHaT PHOTO’S契約作家として活動。人物、風景、CDジャケットやライブ撮影を中心に活動中。写真集:「GR SNAPS」「MOONLIGHT EXPRESS.jpg」など。
4月開講のビギナークラスを担当予定。

【INTRODUCTION】 風景撮影に必要な心構え

何よりも自分が感動していることが重要

26㎜/マニュアル/ f6.3 / 1/1600 秒/ ISO200

何よりも大切なのは、旅の風景に対して本当に自分が感動しているかということ。
旅行だからと言って、観光地や特別なものをとらえる必要はありません。

また、「どうすればきれいな風景を撮れるか」というテクニックを意識しすぎて、“きれいだけど心に響かない写真”になってしまうのはありがちな失敗です。テクニックの前に、「いいな」と思ったらまず1 枚シャッターを切ってみてください。

【POINT1】 視点を変える

歩いて見つける自分の“視点”

最初の1枚を撮ったあと、自分らしい視点を見つけていきましょう。

たとえばこの駅舎のある風景。「いいな」と思って撮った1枚目はこちら。

ほんの数メートル歩けば、駅舎の趣がよく出ている場所があり(①)、視線を足元に向けると木の隙間から光が入る場所に花が。(②)風景自体は動きませんが、だからこそ自分が動けばあらゆる景色が見えてきます。旅先で気になるところを見つけたら、さまざまな方向、アングル、角度から撮ってみましょう。

 

①駅の横から回り込むと、建物の趣が見える

②視線を下げて、花をメインに駅舎のある風景を撮影

③さらに移動。影の綺麗な場所を発見

④足元に目を向けるとたんぽぽの綿毛が。逆光で撮影

*先生の撮影帳*
独自の視点を持つには?

さらにステップアップした自分だけの視点が欲しければ、その場所の情報や歴史をリサーチしてみましょう。地形や建物の意味がわかると新しい視点が生まれます。私も旅行するときは、場所のことをある程度知ったうえで撮影に向かっています。

【POINT2】 カメラの設定

「光」と「影」の選び方

風景に変化をつくるには、視点の変化だけではなく、「カメラの設定」も重要。
光の見方のポイントは、見ている風景の中の「いちばん明るい部分」と「いちばん暗い部分」がどこにあるのかを見つけること。いちばん見せたい部分が白飛びしていないか、あるいは暗く潰れてしまっていないかなど、光の濃淡を探して露出補正などで調整しましょう。

プラス補正

補正なし

マイナス補正

☆後編は後日更新予定!

いかがでしたでしょうか?

今回は、風景撮影の心構えや視点についてご紹介しました。
後編では、さらに魅力的な風景を撮るための4つのポイントを伝授します。
次回の投稿をお楽しみに!

風景写真だけではなく、もっと色んなジャンルの写真の撮り方を学びたい!という方は、ぜひPHaT PHOTO写真教室へ。
個性豊かな講師陣が、心をとらえて離さない写真の撮り方をじっくりお教えします!

設楽先生も担当するPHaT PHOTO写真教室では、現在4月からのビギナークラスの生徒を募集中!
無料の体験会も開催しているので、参加を迷っている方や授業内容をもっと詳しく知りたいという方はぜひお気軽にご参加ください。

体験会のお知らせ

参加無料!
あなたの写真のいいところ、ステップアップのポイントをお伝えします!

あなたの写真を講評してもらえる体験会が無料で受けられる!
PHaT PHOTO写真教室の講師が、「この写真はどこが良いのだろう?」 「どうしたらもっと良くなるのだろう?」 という写真のお悩みを解決します!

【こんな方におすすめ!】
☑教室の雰囲気を知りたい
☑自分の写真を見てもらいたい
☑写真好きの人と話してみたい

さらに今だけ、体験会参加当日にお申込みいただいた方には
講座・イベント1000円割引券をプレゼント。

本記事は、Vol.100号まで紙媒体で発行していたPHaT PHOTO vol.82号の内容を一部抜粋したものです。

PHaT PHOTOバックナンバーでは、さらに誰も撮らない風景写真を撮るためのコツや被写体選びのポイントをご紹介!
風景を撮影するヒントをもっと知りたい!という方は、ぜひプレミアム読者(※)になって、バックナンバーをご覧ください。

(※)プレミアム読者になると、Web記事+バックナンバーが読み放題。写真雑誌「PHaT PHOTO」のバックナンバーvol.60~100までをデジタル雑誌で配信。購読中はパソコンやスマートフォンでいつでもどこでもご覧いただけます。


★達人に訊く編(テラウチマサト)
「挑戦するのは、誰も撮らない風景表現」

★実践編
「“風景の力”」の見極め方