30以上の海外フォトコンテストに受賞してわかった、応募の仕方とポイント


世界にたくさんある、海外フォトコンテスト。「興味はあるけど、どれに応募すればいいかわからない…」という人は多いのではないでしょうか?

今回は、そんな海外フォトコンテストについて「何に気を付ければいいのか?」「お勧めコンテスト」などについて、30以上もの海外フォトコンテスト受賞歴のある写真家の塩原真澄さんに話を聞いてみました!

塩原真澄(しおはらますみ)
1974年生まれ 。現在、⻑野県塩尻市在住。親の後を継ぎ果樹園を営む。趣味として自ら育てた果物をはじめ、様々な果実を写真作品として残す取り組みをしている。ポートフォリオサイト(LensCulture)

Masumi Shiohara, Japan, Shortlist, Open competition, Still Life, 2019 Sony World Photography Award

まず最初に、どのコンテストで受賞したか?です。こちらは受賞経歴。応募はもっとたくさんあるとのこと。

[フォトコンテスト名/塩原さんの受賞名 ]

■2019年(計6、5月時点)
FAPA(FINE PHOTOGRAPHY AWARDS)/HONORABLE MENTION
PINK LADY FOOD PHOTOGRAPHER OF THE YEAR 2019/Shortlist
SONY World Photography Awards 2019 /Open Shortlist Still Life
ONE EYELAND AWARDS 2018 /Silver×7 Bronze×2
Monochrome Awards /HONORABLE MENTION
TIFA2018(TOKYO INTERNATIONAL FOTO AWARDS2018)/ Gold

■2018年(計18)
CHROMATIC AWARDS/3rd Place
ND Awards HONORABLE MENTIONS
Spider Awards Nominee
PDN Perspectives – PhotoPlus Expo 2018 /Contest 1st Place
IPA(INTERNATIONAL PHOTOGRAPHY AWARDS) /1st Place
IPA Philippines 3rd Place
PDN TASTE Personal Work 1st place
MONOVISIONS PHOTOGRAPHY AWARDS, 2018 /HONORABLE MENTIONS
Photographer’s Forum Magazine Best of Photography Contest /HONORABLE MENTIONS
The FENCE 2018 Food winner
PDN Exposure Photography Award Winner
MIFA(MOSCOW INTERNATIONAL FOTO AWARDS)/New Talent of the Year Award
TIFA2017(TOKYO INTERNATIONAL FOTO AWARDS2017) /1st place
SONY World Photography Awards 2018 Open Shortlist Still Life
FAPA(FINE ART PHOTOGRAPHY AWARDS ) /Nominee
ONE EYELAND AWARDS 2017 /Silver×7 Bronze×1
IGPOTY competition11 Portfolio : Highly Commended
IPOTY 2017 /Honorable Mentions

■2017年(計6)
ND AWARDS 2017 /3rd place
IPA /One-Shot:Harmony Honorable Mention
PDN TASTE 2017 /1st place
IPA 2017 /1st Prize Winner – Food Category
MIFA 2017 /Non-Professional
Category Winner Advertising  3rd Place
PX3 2017 Silver Winner – Monograph Category

■2016(計1)
TIFA (Tokyo International Foto Awards) /1st Place Science

以上、31ものコンテストで受賞してきました。
さて早速塩原さんに質問をしていきましょう!

――塩原さんが海外フォトコンテストに応募したきっかけは?

塩原 はじめは、国内のコンテストへ応募していました。カメラのキタムラ、デジタルカメラマガジン、キヤノン、エプソン、ピクトリコ、PHaT PHOTOなどのフォトコンテストで賞をいただくなか、「御苗場」でグランプリを受賞してから海外のコンテストへ挑戦しました。

――応募するコンテストはどうやって探しましたか?

塩原 インターネットで「international photo contest awards」と検索して出てきたものに応募しました。受賞後に作品がどのように使われるか調べて作品の権利が保護されていそうな物を選びました。

――塩原さんは英語ができないそうですが、どうやって応募していますか?

塩原 タイトルも説明もすべて英語なので、英語ができない私は「翻訳ソフト」や「翻訳業者」で英訳してもらっています。後者はお金がかかります。金額は 数千円程度。
メールのやり取り程度の簡単な文は翻訳サイト、専門性の高い文は依頼、という風に使い分けていますね。

業者への依頼は、翻訳レベルのランクが3段階ほどあります。ランクは---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ