作品制作に必要な未来の視点
PPC道場年間優秀者・船見征二×渡部さとるのレビューレポート2/2


PPC道場2018年の年間優秀者、船見征二さんが写真家の渡部さとるさんからレビューを受ける特別記事、第2弾。
第1弾ではオリジナルな作品とは何か?について考えました。
第2弾では、前回の内容を踏まえて写真がもつ役割と、作品を深めていくために必要なプロセスについて。

―――――――――

コミュニケーションのための家族写真

(左)vol.103応募作品「いち、に、さん、よん・・・」/(右)vol.108応募作品「Sulky girl」

渡部  この写真は、お子さん?

船見  そうです。

渡部  今おいくつなんですか?

船見  9歳と、6歳です。

渡部  これは作品撮りではなく、お父さんとしての役割ですが、子どもを撮る方によくアドバイスするのは、「寄るな」ということ。アップにせず、写り込んでしまったものの方が面白いので、整理せずに撮ることをお勧めしています。よく、「絞り込んだほうがいい」と言う人も多いですが、本当は逆で。何十年後かに見ることを考えた時に、画面にいろんなものを呼び込んでおいたほうがいい。顔写真のアップが並んでいるのはちょっとしんどいですよね。

船見  顔だけが並んでいると、確かに。

渡部  あとは、---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ