レビューに大切な「オリジナル」の意味
PPC道場年間優秀者・船見征二×渡部さとるのレビューレポート1/2


「5枚」の写真で応募する組写真のPPC道場で、2018年の年間優秀者に輝いた船見征二さん。
受賞者特典として、2019年7月31日(水)~8月11日(日)までの間、東京・京橋のT.I.Pギャラリー内「ブルーウォール」で展示を行ないました。さらに、写真家の渡部さとるさんによるポートフォリオレビューも実行。

PHaT PHOTOでは、そのレビューの様子を2回に分けてお届けします。
第1弾は、作家が目指す“オリジナル”な作品の考え方について。

多くの人が撮っている被写体や、偉大な先人が扱ってきたテーマ…。
たくさんの写真家がいて、一歩抜きん出るのが難しい中で、評価されるためには?
その方法を渡部さんが語ります。

(左)船見征二さん(右)渡部さとるさん

オリジナルを踏まえて作品をつくることの重要性

渡部  まずは、作品について教えて頂けますか? 

船見  僕はふだん、両親と床屋をやっているのですが、その床屋の窓際にいつも飾ってある花を撮っています。花は毎回、近所のおじさんとおばさんが持ってきてくれて、自分で買ったことはありません。

花への興味は薄いのですが、仕事中に何気なく目に入る花が、本当にいい形をしているんです。つぼみの時や、美しく咲いている時、枯れかけている時。
ぱっと目についた瞬間、自分の心に引っかかった時の花の様子を写したシリーズです。

展示作品より

渡部  作品のクオリティ的にはまったく問題ありません。美術館なのか、ギャラリーなのか、どんなふうにアプローチするのかで、いろんな可能性があると思います。
ただ、1つだけ言えるのは、写真家の多くは「花とヌードは手を出すな」っていう認識があるんです。

船見  それはどうしてですか?
---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ