「食べ物」が奇妙なオブジェに。誰にもまねできない今道子の作風とは?|飯沢耕太郎が選ぶ時代に残る写真集


今道子は1955年に神奈川県鎌倉市に生まれた。1978年に創形美術学校版画科を卒業後、78〜80年に東京写真専門学校(現・東京ビジュアルアーツ)で写真を学んだ。1985年に新宿ニコンサロンで初個展「静物」を開催。以後PGIや巷房などのギャラリーでコンスタントに個展を開催する。1991年、ミノルタフォトスペースでの個展「EAT」で第16回木村伊兵衛写真賞を受賞。2016年以来、メキシコの風土・文化にインスパイアされた作品を制作・発表している。

今道子は、日本の写真家の中でも最も特異な作風の持ち主の一人といえる。デビュー以来、魚、野菜、果実など「食べ物」を中心的なモチーフにして、奇妙なオブジェを作り上げ、それらを撮影・プリントして提示する作品をつくり続けてきた。鎌倉の自宅で続けられてきたその作業は---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ