1. HOME
  2. Magazine
  3. HOW TO / 作品制作のヒント
  4. 作品づくりのワンポイントアドバイス! フォトコンPPC vol.117「あと一息」講評公開!
HOW TO / 作品制作のヒント
みつのぶひでたか作品

作品づくりのワンポイントアドバイス! フォトコンPPC vol.117「あと一息」講評公開!


「PHaT PHOTO」の人気コンテストPPC。
デジタル雑誌でも配信しているPPC vol.117の結果と講評を、PHaT PHOTO Webでもご紹介します。

PHaT PHOTO CONTEST
■入選:応募作品の中から一次審査を通過した17点
■もうちょっとで入選:「入選」にわずかに届かなかった20点
■あと一息:「入選」「もうちょっとで入選」には選出されなかったが、編集部が取り上げたい、あと一息で受賞に届きそうな13点

上位50作品には必ずコメントがつくPPC。
今回は、編集部が選出した「あと一息」の作品発表です。
応募していただいた写真の応援ひと言コメントをお届けします。

「追い込み」野澤忠(山形県)

野澤忠作品
同じ青い作業服を着た漁師さんたちが、追い込み網で漁をしています。水面のきらめきと波の小さなうねりが美しいですね。遠くまで続く海の雄大さとともに、漁師たちの地道な営みを感じました。

「招く猫」岡本和宏(富山県)

岡本和宏作品
シャッターが閉められ人がまばらな浅草の店通り。空に浮かぶ招き猫が妖しい雰囲気を醸し出しています。左右にぶらさがる赤白の飾りと、猫のシュールな表情もその不気味さを引き立てていますね。

「まだまだ来ない。」武居良太郎(東京都)

武居 良太郎作品
線路を渡る様々な人の思いが何か見えればと思いながら撮影したとのこと。のどかな日常が素敵ですね。わざとかもしれませんが、 人が渡る様子をぼかさず、しっかり見たかったと思いました。

「ひかえめな赤」みつのぶひでたか(群馬県)

みつのぶひでたか作品
サザンカを合成してぼかすことで、控えめに咲く感じを表現したとのこと。ぼやかしたことで葉や花の輪郭が曖昧になり、 どこか油絵のように見えました。右側から入る光も美しいです。

「静止した時間と空間の狭間で」畠山雄一郎(宮城県)

畠山雄一郎作品

タイトルにあるように、どこか現実から切り離されてしまったような印象の1枚です。 少ない要素で構成し、いさぎよさを感じました。うつむき加減の人物がいいアクセントになったと思います。

「夕陽色」目羅暁生

目羅暁生作品
本当に美しい風景ですね。手前の雪原がほのかに夕陽の色に染まり、奥の水面もきらめいています。2分割した構図もいいですし、この場所で作者が感じた感動を、そのまま味わうことができました。

「ふたり」戸田美香

戸田 美香作品
夕陽を背負って2人が黒いシルエットになっていますが、きっとその顔は笑っているのだ ろうなと思いました。夕暮れまで楽し気に外で遊ぶ様子。何気ない日常ですが、胸にとめておきたい瞬間です。

「天国への道、進む」山中匠(千葉県)

山中匠作品
地下駐車場に朝日が射し、そこが天国への道のように感じたとのこと。その感覚と、ブーツで歩みを表現したアイディアが素敵です。見慣れた場所が、違う景色になる、写真の面白さを感じました。


フォトディレクターの推し写真集

まちスナ日和