注目の写真家インタビュー
「家族って、普通って何?」
山本雅紀の写真集『我が家』


ZOOMS JAPAN2016にてエディター賞を受賞した
山本雅紀の作品「我が家」。
昨年、同賞の特典で訪れたフランス・パリのヨーロッパ写真美術館で
館長のモンテロッソ氏にも評価されて
作品が買い上げられ、美術館に収蔵されることになった。
また2017年9月にZEN FOTO GALLERYより写真集を出版し、
11月にはパリで個展。
さらに2018年1月12日(金)~2月3日(土)には、
ZEN FOTO GALLERY(東京・六本木)で
写真展を予定しているなど、若手実力派の写真家だ。

物であふれかえった部屋の中。
パンツ1枚で頭を剃る父に、鍋ごとすする食事の様子…。
ありのままがすべて突き抜けている「山本家」の家族写真は
どのようにして生まれたのか、その経緯について訊いた。

 

いつも川の字で寝てきた山本家

――なぜ、家族を撮ろうと思いましたか。

山本 家族写真はずっと以前から撮っていたのですが、作品としてしっかり撮影しようと思ったのは、2012年のニュージーランド滞在中でした。

英語の上達と作品制作が目的でしたが思うようにいかず、「こんな誰でも撮れる、誰が撮ってもいいような写真では意味がない。どうせなら写真を学んだ今もう一度家族をしっかり撮影しよう」と思ったことがきっかけです。

遠い海外で長い間離れていたこともあり、家族について思いを巡らせる時間や距離があったことも要因だと思います。

――巻末に写真の説明がありますね。「誰がケーキを切り分けるかで奪い合う」とか、「大みそかに年越しそばを食べる」とか、「カメラを向けられポーズを決める」とか、文章で読むとよくある家族のエピソードなのに、山本さん一家の写真になると、インパクトの強い写真になります。どういうタイミングで写真を撮っていましたか。
---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ