飯沢耕太郎が選ぶ「時代に残る写真集」Vol.3
ベレニス・アボット編『ウジェーヌ・アジェの世界』


ベレニス・アボット編『ウジェーヌ・アジェの世界』
ed. Berenice Abbott: The World Of Atget, Horaizon Press, 1964

飯沢耕太郎 いいざわこうたろう
写真評論家。1954年宮城県生まれ。1977年日本大学芸術学部写真学科卒業。1984年筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。主な著書に『写真美術館へようこそ』(講談社現代新書1996)、『デジグラフィ』(中央公論新社 2004)、『写真的思考』(河出ブックス 2009)、『深読み! 日本写真の超名作100』(パイインターナショナル 2012)などがある。

『TOP Collection
アジェのインスピレーション ひきつがれる精神』
東京都写真美術館

期間:2017年12月2日(土)~2018年1月28日(日)

船員から俳優を志し、その後、パリで写真家に

ジャン・ウジェーヌ・オーギュスト・アジェ(1857〜1927)は、1890年代からパリ市内とその周辺を撮影し始め、約8000枚のガラス乾板と1万枚以上のプリントを残した。あくまでも客観的な「芸術家のための資料」として制作されたそれらの写真は、死後になってようやく広く知られるようになり、都市写真の先駆として高く評価されている。

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ