写真家を志す人へ
テラウチマサトの写真の教科書
第11回 仕事に繋がる休日


写真の学校を卒業したわけでもない、著名な写真家の弟子でもなかったテラウチマサトが、
約30年間も写真家として広告や雑誌、また作品発表をして、国内外で活動できているわけとは?

失敗から身に付けたサバイバル術や、これからのフォトグラファーに必要なこと、
日々の中で大切にしていることなど、アシスタントに伝えたい内容を、月2回の特別エッセイでお届けします。

◆コラムの一覧を見る

ときどき、写真が趣味なのか仕事なのか、分からなくなることがある。

今年は、年明けからずっと富士山の撮影をしていた。
ふだんは、東京や地方に行くことが多く、なかなか富士山を撮る機会がない。三が日は、久しぶりにゆっくりと撮影を楽しむことができた。

僕の家は河口湖の畔にある。
年明け、まだ日も昇らないうちから、湖の周りを囲むようにして撮影に臨む人が多く見えた。
その人たちにはかなり申し訳ないが、自宅テラスからの撮影は暖かく、楽で、ポジションも良い。窓から富士山を眺め、面白い雲が来たなと思ったらスッとカメラを構える。そんな風にして、朝から晩まで夢中になって撮っていた。

しかし、もちろん適当に撮っているわけではない。
いずれは作品として発表しようと思っているから、カメラも本格的なもので、レンズも大型のものを使って真剣に撮影した。それは当たり前だけど…。

 

いつもと「違う」ことへの挑戦

よく「同じものを撮っていて飽きないんですか」と、聞かれることがある。
たしかに、普通の人からしたら、同じ風景をずっと撮っているように見えるだろう。
---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ