重要!プリントの選択と額装のポイント|写真「販売」基礎知識 5/12


写真を売ってみたいけれど、何から始めていいかわからない。

急に「作品を売ってほしい」と言われたけれど、値段の付け方やサインの入れ方など知らなくて困った。

そもそも、写真って売れるの?

作品制作を行う写真家やアマチュアの方で、そんな経験をしたり、疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

いつか作品を売ってみたい写真家や、買ってみたいアートファンの方へ。

本記事は、作品販売を仕事にしているギャラリーPOETIC SCAPEのディレクター柿島貴志さんに、写真販売の基礎知識について詳しくご紹介いただく連載です。

※本記事は、Tokyo Institute Of Photography(T.I.P)で開催されていた、ギャラリーPOETIC SCAPEのディレクター柿島貴志さんによる人気講座の内容を一部抜粋してご紹介しています。

柿島貴志/Takashi Kakishima

大学卒業後に渡英。ロンドンBlake Collegeを経て、Kent Institute of Art and Design(現UCA)ビジュアルコミュニケーション・フォトメディア卒。ITやアート関連企業を経て、2007年にアートフォトレーベルphotta-lot、2011年にギャラリーPOETIC SCAPEを設立。現在はPOETIC SCAPEの経営・ディレクションのほか、写真作品の額装ディレクション、他ギャラリーでの展覧会・イベントディレクション、写真系企業へのビジネスコンサルティングなどを行う。

<今後の更新記事予定>
知ってた?サインの入れ方とルール
成約から納品、次の展示までのTIPS
写真販売シミュレーション

さて、前回までは、エディションや自分の作品の値段の付け方についてお話しました。

今回は、販売する写真作品のプリントの選択についてや販売する場所でどのような額装をするべきか、お話しします。

プリント技法はどう選ぶ?

いま、ほとんどの人がデジタルカメラで撮影し、インクジェットプリンターでプリントしているのではないかと思います。しかし、美術館などで写真のキャプションを見ると、さまざまなプリント技法の名称が書かれているのを、みなさんも見たことがあるのではないでしょうか。

<主なプリント技法>
・インクジェットプリント
・ゼラチンシルバープリント
・Cプリント(タイプC)
・ラムダプリント
・オルタナティブプロセス(古典技法)
サイアノプリント、プラチナプリント、鶏卵紙、ダゲレオタイプ、ティンタイプなど。

作家と趣味でやっている人の大きな違いは、このプリント技法の選択にも大きく関わってきます。
自分の表現したいことに合わせて、プリント技法やペーパーまで選ぶのが作家。
ペーパーの特徴や特殊な現像プロセス自体が好きで選択するのは、趣味の人に多いかもしれません。
好きなやり方を選べばいいとは思うのですが、後者の場合は、その人の作品内容にマッチしているかといえば、そうでもない場合があります。

なぜそれを選択したのか、それは作品に不可欠な要素なのか、ということは、常に見る側に問いかけられることです。
インクジェットや銀塩プリントなどスタンダードではないオルタナティブな技法を使う場合は、特に理由が求められるということを、頭に留めておきましょう。

コストの問題は言い訳に過ぎない

作品制作にはコストがかかるという、作家にとって切実で現実的な問題があります。
しかし、残酷なことに、

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ