魔術的な集合写真 ペルーの先住民族出身の写真家、マルティン・チャンビ|飯沢耕太郎が選ぶ「時代に残る写真集」Vol.11


Matín Chambi,: Matín Chambi, Photographs, 1920-1950, Smithonian Books, 1993

 マルティン・チャンビは1891年にペルー・コアサの貧しい農民の家に生まれる。鉱山の下働きをしながらイギリス人写真家に写真を学び、1917年に最初のスタジオをシクアニに開業、23年にはクスコに移って、73年に亡くなるまで営業を続けた。卓越した技術と独特の構図で撮影されたポートレイトだけでなく、ペルー国内の遺跡や人々の暮らしを撮影した記録写真も多数残している。没後、急速に評価が高まり、ニューヨーク近代美術館を含む国内外の多くの美術館で回顧展が開催された。

 マルティン・チャンビは先住民出身の写真家としてははじめてペルー・クスコに写真スタジオを開業し、以後50年間に渡って営業を続けた。本書は1990年にスペインで開催された展覧会のカタログとして制作され、93年にスミソニアン・ブックスから英語版が出た写真集で、そのチャンビの代表作100点近くがおさめられている。

 チャンビのポートレイトには、何とも不思議な気配が漂っているものが多い。市場で働いていたという2メートルを超す身長の「大巨人」、

 豪壮な邸宅の階段でポーズをとる花嫁の傍の暗がりには、
---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ