写真展準備で必ずおさえたいプリントの基礎知識と心得【準備編】


写真展をはじめ、自分の写真を発表するときに、みなさんは写真をどのように出力していますか?
「どんな知識があればいいのかわからない」「実は自流で、探り探りやっている…」という方も多いのではないでしょうか。

この記事では、プリントの疑問や不安を解消し、展示で失敗しないための基礎知識やコツをお伝えします。
前半は、プリントをする前段階で知っておいて欲しい知識をまとめた「準備編」。
後半の「本番編」(12月26日公開予定)では、プリントをするときのテクニックをご紹介いたします。

この記事で知れる、展示プリントのポイント!
事前準備1.「顔料?染料?」今さら聞けない2つの違い
事前準備2.覚えておきたい4種類の用紙
事前準備3.紙質だけではなく、用紙の「紙白」もチェック
事前準備4.解像度とプリントサイズの関係性
事前準備5.忘れがちな2つのチェックポイント

事前準備1.顔料?染料?今さら聞けない2つの違い

自分で作品をプリントする際、知っておくべきは染料プリンターと顔料プリンターの違いです。
「聞いたことはあるけど、実はよく知らない…」という人も多いのではないでしょうか。
染料は、光沢感を得やすく透明感があり彩度が高いインク。コストも低く手軽に色々プリントしたいならお勧めです。
顔料は、染料よりも少しコストはかかりますが、階調性が豊かで速乾性があり色が早く安定します。作品展示など、クオリティーを訴求するならうってつけです。

顔料
顔料は紙の上に定着するインクです。染料プリンターに比べ高価な製品が多いですが、色表現や階調が豊かなことや、使用できる紙の種類が染料に比べ多いことが特徴です。色の安定性が高く、プリント後にすぐ色の確認ができるので、レタッチを多くする人にも適しています。また、光源よる色の見え方の差も少ないため、展示を考える人には顔料がお勧めと言えるでしょう。
エプソン プロセレクション SC-PX5VⅡ
染料染料は文字通り紙に“染み”込むインクです。このため、プリントの光沢や質感は、プリント用紙に大きく左右されます。鮮やかな色を出したい人や、透明感を出したい人にはこちらがお勧め。ただし、色の安定性が顔料インクに比べて低く、色が定着するのに約半日かかってしまうことや、光の環境によって大幅に色味が変化しやすいことを理解しておきましょう。
エプソン カラリオ EP-977A3

事前準備2.覚えておきたい4種類の用紙

プリンターの基礎知識と同時に知っておいて欲しいプリント用紙。大きく分けて下の4種類があります。
どの用紙を選ぶかは表現によって変化しますが、大切なのは、

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ