岩根愛さんが木村伊兵衛写真賞を受賞!その理由を探る| 飯沢耕太郎 時代に残る写真集



本年度の第44回木村伊兵衛写真賞は、岩根愛さんの写真集『KIPUKA』(青幻舎)と個展『FUKUSHIMA ONDO』(Kanzan Gallery)に決まった。選評を読むと、一次審査の時から「圧倒的」に評価が高く、最終審査でもすぐに決まって「時間をツブすのに苦労したぐらい」(ホンマタカシ)だったという。では、何が決め手になったのだろうか。

 岩根愛さんは1991年に渡米して高校に留学し、帰国後、写真家を志して音楽関係の雑誌などで仕事をしていた。ハワイの日系移民を集中して撮影し始めたのは2006年からで、彼らが毎年夏に盆踊り(BON DANCE)で唄い踊るFUKUSHIMA ONDOの元歌が、福島県の相馬盆唄なのを知ったことが、今回の「KIPUKA」シリーズ制作のきっかけになった。「KIPUKA」というのは現地の言葉で、溶岩の上に植物が芽生えて生長する「新しい命の場所」のことだという。

 その後、2013年からは福島県三春町にも拠点を持ち、「移民を通じたハワイと福島の関連」をテーマに撮影を続けた。写真集の中にも三春町の盆踊りや東日本大震災の被災地の光景の写真が入っている。このように、10年以上の時間をかけ、粘り強く、厚みのあるドキュメンタリーに仕上げていったのが、受賞の最大の理由だろう。

 だが、それだけではない。『KIPUKA』に---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ