2018年12月~2019年3月締切!
国内フォトコンテスト5選


編集部がお勧めする国内のフォトコンテストの第3弾!
副賞としてカメラ&レンズが贈られるものや写真展が開催できるものなど、今回も写真活動のバックアップをしてくれるお勧めのコンテストをご紹介します。5つ目にご紹介する「アートオリンピア」は表彰金がなんと1,200万円!
12月~2019年3月まで締切のものをピックアップしていますので、ぜひチャレンジしてみてください。

*本記事ではコンテストのタイトル・主な賞の内容・応募時期・URLをご紹介しています。応募概要や応募条件などはコンテストのサイトにてご確認下さい。また、締切は変更や延長される可能性もありますので必ずサイトにてご自身でご確認をお願いします。

 

第28回林忠彦賞

第28回林忠彦賞

 ブロンズ像(笹戸千津子作「爽」)及び賞金100万円、東京と周南市において受賞記念写真展を開催(受賞作品は林忠彦コレクションとして周南市美術博物館に永久保存)。

対象 2018年(1月1日~12月31日)に写真展、写真集、雑誌、公募等の表現媒体ですでに発表され、同一テーマで35~70枚程度の写真で構成された作品。
国内居住であれば、アマチュア、プロ、年齢、性別、国籍を問わず。
審査員 大石芳野氏、笠原美智子氏、河野和典氏、細江英公氏、有田順一氏

応募テーマ 自由
応募枚数 写真展での応募:「写真展」で展示した作品のプリント/写真集での応募:写真集/雑誌・公募などでの応募:掲載誌あるいは発表した作品のプリントの送付 ※その他詳細はWebサイトを確認

応募費用 無料
応募締切 2018年12月31日(月)必着
Webサイト www.hayashi-award.com

 

第20回写真「1_WALL」

第20回写真「1_WALL」

 ガーディアン・ガーデン個展開催、個展制作費20万円支給(グランプリ1名)など

対象 年齢35 歳以下、個人制作であること
審査員 沢山遼 氏、鈴木理策 氏、田中義久 氏、姫野希美 氏、増田玲 氏

応募テーマ 自由
応募枚数 ポートフォリオ(1人1冊/B4サイズまたは大四切[11×14インチ])

応募費用 無料
応募期間 2019年1月7日(月)~1月11日(金)11:00~19:00
Webサイト http://rcc.recruit.co.jp/gg/competition/1_wall/020_photography

 

第44回 2019JPS展

第44回 2019JPS展

 賞金50万円(文部科学大臣賞・1作品)、賞金30万円(東京都知事賞・1作品)など。東京都写真美術館、愛知県美術館、京都市美術館別館での展示。

対象 アマチュア、プロフェッショナル、年齢、性別、国籍を問わず。JPS会員は応募不可。※18歳以下部門は2000年4月1日以降生まれの方が対象。
審査員 熊切圭介氏、榎並悦子氏、大西みつぐ氏、清水哲朗氏、藤森邦晃氏

応募テーマ 自由
応募枚数 単作品は制限なし、組作品は1組5枚まで(但し、何組出品しても可)。応募プリントサイズはA4または六つ切 8×10インチ(203×254mm)。

応募費用 一般部門:1枚につき2,200円、18歳以下部門:1枚につき600円
応募期間 2018年12月10日(月)~2019年1月15日(火)(消印有効)
Webサイト www.jps.gr.jp/jpsten

 

ニコンフォトコンテスト2018-2019

ニコンフォトコンテスト2018-2019

 賞金50万円(グランプリ・1名)、Nikon D850・AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRまたはNikon Z 7・NIKKOR Z 24-70mm f/4 S(各部門、各応募形式1名ずつ)など

対象 プロ・アマチュア、年齢、性別、国籍を問わず。撮影機材不問。※Next Generation部門は、締切日時点で25歳以下の方が対象
審査委員 ネヴィル・ブロディ氏、キャロル・グジー氏、小高 美穂氏、デリー・カー氏、ジル・フルマノスキ氏、ほか7名

応募テーマ 一般部門:Change、Next Generation部門:Identity、動画部門:Hope
応募枚数 一般部門・Next Generation部門:単写真、組み写真(2~5点のシリーズ写真)、動画部門:動画の長さは6秒から180秒まで。

応募費用 無料
応募締切 2019年1月31日(木)
Webサイト www.nikon-photocontest.com/jp

 

アートオリンピア2019

アートオリンピア2019

 表彰金1,200万円、東京都美術館・豊島区庁舎での作品展示(金賞・1名)、表彰金300万円、作品展示(銀賞)、表彰金200万円、作品展示(銅賞)など。

対象 国籍問わず、満18歳以上の日本国内在住者。継続して制作を行う意思のある方。※学生部門は35歳以下で大学(大学院)・専門学校等に在籍している学生。
審査員 日本国内審査員:千住博氏、保科豊巳氏、高橋明也氏、長谷川祐子氏、遠藤彰子氏、ほか、海外審査員5名。

応募テーマ 平面作品(具象・抽象を問わず、油彩、日本画、版画、水墨画 、写真等の平面作品)で本人制作の未発表のもの。
応募枚数 3点まで。作品サイズ:117cm×117cm以内、厚さ:10cm以内、重量:20kgまで。 ※その他作品規定あり。

応募費用 一般:20,000円/1点、30,000円/2点、40,000円/3点、学生(35歳以下):10,000円/1点、15,000円/2点、20,000円/3点。
応募期間 2019年2月1日(金)~3月20日(水)必着
Webサイト artolympia.jp

いかがでしたか?
国内のフォトコンテストはまだまだお勧めのものがありますので、情報がまとまり次第、アップしていきます。今後もぜひチェックしてくださいね。

PHaT PHOTOでもコンテスト開催中!

ファットフォトコンテスト(PPC)では1枚から、自由部門・テーマ部門で作品応募が可能。PPC道場では、組み写真の基礎となる「5枚」であなたのテーマで応募が可能です。審査員は毎回3名。写真家や編集者、キュレーターなど写真関係者が座談会形式で審査を行うので、多様な写真の見方を発見できます。 入選、優秀賞者には誌面掲載やギャラリー展示など様々な特典をご用意。どちらも無料で、オンラインで応募ができるので、お気軽にご応募ください! >>コンテスト詳細はこちら

 

あわせて読みたい

フォトコンテストで役立つ!テーマ写真の撮り方・選び方2

見せたかったものが前面に出た作品が面白い|ファットフォトコンテスト Vol.105 総評