編集部お勧め!国内フォトコンテスト2019


編集部がお勧めする国内のフォトコンテスト2019版。
副賞としてカメラ&レンズが贈られるものや写真展が開催できるものなど、写真活動のバックアップをしてくれるお勧めのコンテストをご紹介します。ぜひチャレンジしてみてください。

*本記事ではコンテストのタイトル・主な賞の内容・応募時期・URLをご紹介しています。応募概要や応募条件などはコンテストのサイトにてご確認下さい。また、締切は変更や延長される可能性もありますので必ずサイトにてご自身でご確認をお願いします。
 

名取洋之助写真賞(締切:8/20)

鈴木雄介「The Costs of War」

名取洋之助写真賞

 賞金30万円、JPSが企画する写真集の制作(名取洋之助写真賞 1名)など
対象 年齢35歳以下、プロ・アマチュア問わず。
選考委員 飯沢耕太郎 氏、野町和嘉氏、清水哲朗氏 (予定)

応募枚数 30枚(六ツ切、またはA4サイズの同一テーマの作品)
応募費用 無料
応募期間 2019年7月1日~8月20日(消印有効/持参の場合は17時まで)
Webサイト www.jps.gr.jp/2019natorirequirements

 

第21回写真「1_WALL」(締切:7/26)

第21回写真「1_WALL」

 ガーディアン・ガーデン個展開催、個展制作費30万円支給(グランプリ1名)など
対象 年齢35 歳以下、個人制作であること
審査員 沢山遼氏、田中義久氏、野口里佳氏、姫野希美氏、増田玲氏

応募枚数 出品作品と規定のスペースに展示するレイアウトプランをポートフォリオ(1人1冊/B4サイズまたは大四切[11×14インチ])またはオンラインにて提出
応募費用 無料
応募期間 ギャラリー提出:2019年7月22日(月)~7月26日(金)11:00~19:00、オンライン提出:7月1日(月)~7月26日(金)19時まで
Webサイト rcc.recruit.co.jp/gg/competition/1_wall/021_photo

 

第67回ニッコールフォトコンテスト(締切:7/9)

第66回ニッコールフォトコンテスト ニッコール大賞・長岡賞:『ハプニング』 宮崎 豊

第67回ニッコールフォトコンテスト

 賞金総額最大100万円とニコンZ7レンズキット(長岡賞)、賞金30万円(第1部~4部までのニッコール大賞受賞者)など
対象 日本在住の方、又は、賞金を日本の金融機関に振り込むことができ、賞品を日本国内のみで受け取れる方。(第4部のみ年齢制限あり)
選考委員 大西 みつぐ氏、小林 紀晴氏、佐藤 倫子氏、ハナブサ・リュウ氏、三好 和義氏、藤森 邦晃氏、星野 佑佳氏

応募枚数 点数制限無し、プリント応募のみ。(応募作品は未発表または発表予定のないものに限る)
応募費用 無料
応募期間 受付中~2019年7月9日(必着)
Webサイト www.nikon-image.com/activity/nikkor/contest/nikkor/67

 

The Editor’s Photo Award ZOOMS JAPAN 2020(6/28)

ZOOMS JAPAN2019 エディター賞:高木 良『everyone’s world』 

The Editor’s Photo Award ZOOMS JAPAN 2020

 Salon de la PHOTO参加のための東京⇔パリの往復航空券、およびパリ現地宿泊(4泊6日想定)、渡航準備金10万など(エディター賞・パブリック賞 各1名ずつ)
対象 今後世界でプロの写真家として活躍したい方。経験(プロ・アマチュア)問わず。個人での応募のみ。
選考委員 エディター賞:アサヒカメラ/月刊カメラマン/CAPA/デジタルカメラマガジン/日本カメラ/PHaT PHOTO/フォトテクニックデジタル 編集長による選出、パブリック賞:一般投票

応募枚数 10点(最終審査では1テーマ10点のプリントとステートメントが必要)
応募費用 無料
応募期間 2019年4月1日~6月28日
Webサイト http://www.cpplus.jp/zoomsjapan/summary/

 

写真新世紀 2019年度(第42回公募)(締切:6/12)

2018年度(第41回公募)グランプリ受賞作品 ソン・ニアン・アン『Hanging Heavy On My Eyes』より

写真新世紀 2019年度(第42回公募)

 奨励金100万円、副賞 キヤノン製品、次年度「写真新世紀展2020」における個展開催権利(グランプリ1名)など
対象 応募者の国籍、年齢、経験(プロ・アマチュア)問わず。個人またはグループでの応募が可能。
審査員 サンドラ・フィリップス氏、椹木 野衣氏、瀧本 幹也氏、安村 崇氏 ほか3名

応募枚数 応募者1名(組)につき1作品の応募。作品形態、点数などの制限は無し
応募費用 無料
応募期間 2019年4月17日~6月12日
Webサイト http://global.canon/ja/newcosmos/

 

第25回 酒田市土門拳文化賞(締切:6/10)

第25回 酒田市土門拳文化賞

 土門拳記念館での受賞作品展、副賞50万円など(土門拳文化賞)
対象 国内に居住する個人のアマチュア写真愛好家
選考委員 江成 常夫氏、大西 みつぐ氏、藤森 武氏

応募枚数 1テーマ10枚~30枚で構成される組写真(プリント)。
応募費用 無料
応募期間 受付中~2019年6月10日(17:00必着)
Webサイト www.domonken-kinenkan.jp/bunka/

 

第6回 住友不動産販売 ステップフォトコンテスト(締切:5/24)

第6回住友不動産販売ステップフォトコンテスト

 賞金100万円(グランプリ1名)、賞金30万円(金賞3名)など
対象 特に制限は無し。(国籍・性別・年齢問わず)
選考委員 織作 峰子氏、高砂 淳二氏、椎名 誠氏、アサヒカメラ編集長

応募枚数 1人10点まで(組写真は不可)、応募テーマ「日本の風景」
応募費用 無料
応募期間 受付中~2019年5月24日
Webサイト https://www.stepon.co.jp/photocon/

 

ヤング・ポートフォリオ(締切:5/15)

平野 聡(日本、1983)《RECONSTRUCTION Shibuya, 2014-2018》2017 ©️Satoshi Hirano

ヤングポートフォリオ

 清里フォトアートミュージアムに収蔵(1枚につき3~10万円で作品購入)、同館「2019年度ヤング・ポートフォリオ」展にて展示(2020年3月予定)
対象 1984年1月1日以降生まれの方。国籍、プロ、アマチュア問わず。※既発表・未発表を問いません。他のコンテストへの応募作品・受賞作品も応募可能です。
選考委員 川田 喜久治氏、都築 響一氏、細江 英公氏

応募枚数 1枚(最大50枚まで)、単作品、組写真問わず。プリントのみ。美術館のパーマネント・コレクションとなるため、長期保存が可能な技法および素材であることが必須。
応募費用 応募枚数が1枚~30枚の場合:2,000円、31枚~50枚の場合:3,000円
応募期間 2019年4月15日~5月15日(必着)
Webサイト https://www.kmopa.com/yp_entry/

 

アートオリンピア2019(締切:3/20)

アートオリンピア2019

 表彰金1,200万円、東京都美術館・豊島区庁舎での作品展示(金賞・1名)、表彰金300万円、作品展示(銀賞)、表彰金200万円、作品展示(銅賞)など。

対象 国籍問わず、満18歳以上の日本国内在住者。継続して制作を行う意思のある方。※学生部門は35歳以下で大学(大学院)・専門学校等に在籍している学生。
審査員 日本国内審査員:千住博氏、保科豊巳氏、高橋明也氏、長谷川祐子氏、遠藤彰子氏、ほか、海外審査員5名。

応募テーマ 平面作品(具象・抽象を問わず、油彩、日本画、版画、水墨画 、写真等の平面作品)で本人制作の未発表のもの。
応募枚数 3点まで。作品サイズ:117cm×117cm以内、厚さ:10cm以内、重量:20kgまで。 ※その他作品規定あり。

応募費用 一般:20,000円/1点、30,000円/2点、40,000円/3点、学生(35歳以下):10,000円/1点、15,000円/2点、20,000円/3点。
応募期間 2019年2月1日(金)~3月20日(水)必着
Webサイト artolympia.jp

 

ニコンフォトコンテスト2018-2019(締切:1/31)

ニコンフォトコンテスト2018-2019

 賞金50万円(グランプリ・1名)、Nikon D850・AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRまたはNikon Z 7・NIKKOR Z 24-70mm f/4 S(各部門、各応募形式1名ずつ)など

対象 プロ・アマチュア、年齢、性別、国籍を問わず。撮影機材不問。※Next Generation部門は、締切日時点で25歳以下の方が対象
審査委員 ネヴィル・ブロディ氏、キャロル・グジー氏、小高 美穂氏、デリー・カー氏、ジル・フルマノスキ氏、ほか7名

応募テーマ 一般部門:Change、Next Generation部門:Identity、動画部門:Hope
応募枚数 一般部門・Next Generation部門:単写真、組み写真(2~5点のシリーズ写真)、動画部門:動画の長さは6秒から180秒まで。

応募費用 無料
応募締切 2019年1月31日(木)
Webサイト www.nikon-photocontest.com/jp

 

第44回 2019JPS展(締切:1/15)

第44回 2019JPS展

 賞金50万円(文部科学大臣賞・1作品)、賞金30万円(東京都知事賞・1作品)など。東京都写真美術館、愛知県美術館、京都市美術館別館での展示。

対象 アマチュア、プロフェッショナル、年齢、性別、国籍を問わず。JPS会員は応募不可。※18歳以下部門は2000年4月1日以降生まれの方が対象。
審査員 熊切圭介氏、榎並悦子氏、大西みつぐ氏、清水哲朗氏、藤森邦晃氏

応募テーマ 自由
応募枚数 単作品は制限なし、組作品は1組5枚まで(但し、何組出品しても可)。応募プリントサイズはA4または六つ切 8×10インチ(203×254mm)。

応募費用 一般部門:1枚につき2,200円、18歳以下部門:1枚につき600円
応募期間 2018年12月10日(月)~2019年1月15日(火)(消印有効)
Webサイト www.jps.gr.jp/jpsten

 

第20回写真「1_WALL」(締切:1/11)

第20回写真「1_WALL」

 ガーディアン・ガーデン個展開催、個展制作費20万円支給(グランプリ1名)など

対象 年齢35 歳以下、個人制作であること
審査員 沢山遼 氏、鈴木理策 氏、田中義久 氏、姫野希美 氏、増田玲 氏

応募テーマ 自由
応募枚数 ポートフォリオ(1人1冊/B4サイズまたは大四切[11×14インチ])

応募費用 無料
応募期間 2019年1月7日(月)~1月11日(金)11:00~19:00
Webサイト http://rcc.recruit.co.jp/gg/competition/1_wall/020_photography

PHaT PHOTOでもコンテスト開催中!

ファットフォトコンテスト(PPC)では1枚から、自由部門・テーマ部門で作品応募が可能。PPC道場では、組み写真の基礎となる「5枚」であなたのテーマで応募が可能です。審査員は毎回3名。写真家や編集者、キュレーターなど写真関係者が座談会形式で審査を行うので、多様な写真の見方を発見できます。 入選、優秀賞者には誌面掲載やギャラリー展示など様々な特典をご用意。どちらも無料で、オンラインで応募ができるので、お気軽にご応募ください! >>コンテスト詳細はこちら

 

あわせて読みたい

フォトコンテストで役立つ!テーマ写真の撮り方・選び方2

見せたかったものが前面に出た作品が面白い|ファットフォトコンテスト Vol.105 総評