テラウチマサトの写真の教科書15
人とは違う桜を撮るには?


春にはさまざまな花が咲く。木蓮、ハナミズキ、桜や梅やチューリップなど。その中でも、とりわけ多くの人が春といって思い浮かべるのは、桜だろう。

桜は日本の国花ともいえる存在。お花見をする習慣もあって、日本人には身近な花だ。当然、桜の写真を見る機会も多い。でも、それらはどれも青い空を背景にピンク色の桜を捉えたものばかりではないだろうか。もちろんそのような写真もとても美しいのだけれど、どこか代わり映えがしなくて、全部同じように見えてしまうことも多々。

それではせっかくの桜がもったいない。1年に1度しか咲かない桜を、もっと自分らしく撮ってみよう。自分の桜で作品をつくってみよう。
そこで今回は、人とは違う桜を撮るためのいくつかのポイントをご紹介したい。

今回ご紹介する写真の中には、テラウチマサトが発売したDVDの収録作品も。
全国各地でテラウチが撮影した桜の数々をぜひご覧ください。

DVD「桜 写真家テラウチマサトの世界」

日本でも有数の桜の景勝地「長野県高遠」をはじめ、日本各地でテラウチが撮影した桜写真を、オリジナル音楽と共にショートムービー風にまとめたスライドエキシビションは、約13分間にわたりひとつの詩を綴ります。

数あるスライドエキシビションの中でも、最も反響が大きかった作品をDVD化。DVD限定テラウチマサトによるインタビュートークも収録。

お買い求めはこちらから
http://cmsinc.shop-pro.jp/?pid=5746910

【テラウチ流・桜撮影のポイント1】
つぼみから葉桜までを逃さない

桜を撮ろうと思ったら、満開のところを撮りたい。そう思う方も多いと思うが、桜はつぼみや散った後も美しいものだ。つぼみ、満開、散り際、散った後、葉桜。桜が開花する過程を、逃さず楽しもう。満開の桜が最も美しいと、決めつけないこと。「美しい」の価値基準は、自分で決めない方がいいと思っている。

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ