テラウチマサトが語る、写真批評への向き合い方


テラウチマサトの写真家の教科書 vol.24。今回は、写真を人に見せるということについて。誰かに写真を見せるのは勇気がいること。どうすればその壁を乗り越えることができるのか。そして、どうやって鑑賞者のコメントを受け止めたらいいのか。テラウチが自身の原点となる展示を振り返りながら、批評への向き合い方を語ります。

――――――――――――――――――――

写真を見てもらう、恐怖と嬉しさ

写真を誰かに見てもらうのは、いつだって怖いものだ。
随分前、僕が出版社の写真部に所属し、カメラ雑誌の月例コンテストに応募していたころ。
今でも記憶に残っている場面がある。

それは、日本広告写真家協会(APA)が主催するコンテストへ応募するためのワークショップでのことだ。会場には80~100名ほどが集まり、ポジフィルムで撮った参加者の作品が、順にモニターに投影されていった。講評するのは、当時海外で活躍されていた写真家の一色一成さん。

写真部の先輩に写真を見てもらうことはあっても、プロのカメラマンに見てもらったことなんてない。自分の順番がまわってくるまで本当に緊張した。自分の写真は第一線のプロの目にどう映るのか?どんな言葉をもらえるのか?ドキドキと鼓動が聞こえてくるほどだった。

僕の順番が回ってきた時、一色先生は「これは誰が撮ったの」と仰った。恐る恐る手を挙げると、「君、APAに応募しなさい」とひと言。僕はもうあまりの嬉しさに、あとのことは何も覚えていない。ただ、その言葉をもらえたことだけで十分で、結局APAに応募することもなかった。それが、僕が初めて自分の作品を人に見てもらえた瞬間だった。

批評への向き合い方

僕の展示の原点は、1999年に伊勢丹の新宿本店、特別催事場で行なった「癒しの島写真展」。
40代の頃、写真家としてデビューして間もない時のことだった。ビルに僕の名前が載った大きな垂れ幕が出て、エレベーターの中にもポスターが貼ってある。まるで夢のようで、その時の感動を覚えている。

屋久島にて撮影した写真

来場者の中には、一般の方以外にも写真家の方もいた。デビューしたばかりで伊勢丹で展示ができた幸運な僕の技量を見極めようという意図の人も多かったと思う。
そんな来場者の方に「水平線が傾いている」や「粒子が荒れている」と指摘されることもあった。当然そういう意見は出てくるだろう。自分の作品を見せたら、万人がいいと言ってくれるわけではない。僕自身もまだ未熟で突き抜けていない部分はあった。

でも、その時に思ったのだ。少しの傾きや画面のざらつき、そういう作品のある1点だけですべてを否定するような言葉は気にしないようにしようと。

僕は写真教室でも講師をやっているけれど、誰かの作品を講評する時には、---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ