考える余地を与えてくれる作品は良い|入選作品講評Vol.105


「PHaT PHOTO」の人気コンテストPPC。毎号異なる3名の写真関係者を審査員としてお招きし、座談会形式で審査を行います。

審査員:鷹野隆大/村越としや/テラウチマサト

PPCでは、自分の好きな写真を応募する「自由部門」と、毎号与えられるテーマを基に写真を応募する「テーマ部門」で作品を募集しています。自由とテーマ合わせて一次審査を通過した17点を座談会にて講評します。今号のテーマは「忘れたくない風景」です。順位は各審査員が選出した1位(10pt)、2位(6pt)、3位(4pt)、特別賞(3pt)の総計で決定します。


PPCへの応募はどなたでもOK!詳細はこちら

票が分かれた今回の審査。
本記事では、入選した20作品を一挙ご紹介します!

1位に選ばれた作品の良さは?評価の分かれ目ってなに?
審査員たちのさまざまな視点から、あなたの写真がレベルアップするヒントが見つかるかもしれません。

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ