プロがアドバイス!こだわり派におすすめ
写真の「額装」4種類


個展やグループ展、御苗場など…写真展を控えた方、これから写真展をやりたいと思っている方へ
PHaT PHOTO vol.85「展示とプリントの万全Q&A」から、作品の準備や展示方法のノウハウをご紹介します。

前回の[ 写真の「額装・加工」6種類 ]では、基本の額装・加工のメリット、注意点をフレームマンの中澤孝寛さんに、教えて頂きました。
今回は、額装にもっとこだわりたいという方に向けて、「応用額装」を教えて頂きます。

1.ダブルマット

上品で落ち着いた印象を強める
額装する際、写真に余白をつけることで作品をより大きく見せたり、被写体を際立たせたり、品格を高めるために使用するマット。通常1枚で使用することが多いですが、もう1枚マットを重ねることで厚みが増して作品の奥行きが生まれ、より上品で高級感のある表現にすることができます。

2.浮かし額

まるで標本のような繊細な演出
木額装の浮かしの応用として、写真のみを浮かせて額の内側に空間を持たせる額装。額のなかに影が落ち、---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ