「つかのまの廃墟」を大判カメラで写した宮本隆司『建築の黙示録』|飯沢耕太郎が選ぶ「時代に残る写真集」Vol.14


宮本隆司『建築の黙示録』平凡社、1988年

宮本隆司は1947年、東京都世田谷区に生まれた。1973年、多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後、建築雑誌の編集部員を経て、76年からフリーの写真家として活動する。1982年頃から世界各地の近代建築の解体工事現場を撮影し始め、1988年に写真集『建築の黙示録』を刊行した。同書と『九龍城塞』(ペヨトル工房)で第14回木村伊兵衛写真賞を受賞。以後、建築物を中心に作品を発表して、日本現代写真を代表する作家のひとりとなった。

東京都写真美術館『建築 × 写真 ここのみに在る光』
「第2章 建築写真の多様性 ~11人の写真家たち~」に宮本隆司氏の作品が展示されている。
<11人の写真家>
渡辺義雄、石元泰博、原直久、奈良原一高、宮本隆司、北井一夫、細江英公、柴田敏雄、二川幸夫、村井修、瀧本幹也
会期:開催中~2019年1月27日(日)
場所:東京都写真美術館
〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内

宮本隆司は1983年に、後藤慶二が設計した中野刑務所(旧豊多摩監獄)を撮影したのをきっかけにして、日比谷映画劇場、有楽座、根岸競馬場、霊南坂教会といった、大正〜昭和初期に竣工した近代建築の解体工事現場を集中的に撮影し始めた。

Hibiya Movie Theater/Tokyo
Yurakuza Theater/Tokyo
Negishi Race Course/Yokohama

それらの写真群と、ベルリン大劇場、アウガルテン要塞、バクシー発電所など海外で撮影した写真、さらに違法滞在の移民たちによって増改築を繰り返して、巨大スラムと化していった
---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ