飯沢耕太郎が選ぶ「時代に残る写真集」Vol.9 星野道夫『アラスカ 極北・生命の地図』


IZU PHOTO MUSEUM『没後20年 特別展 星野道夫の旅』展
2018年7月14日(土)~9月30日(日)
休館日:毎週水曜日(祝日の場合は翌日休)、年末年始
※2018年8月15日(水)は開館
料金:大人800円(700円)/ 高・大学生400円(300円)/ 小・中学生 無料
※()内は、20名以上の団体料金
■オープニングトーク
星野直子(星野道夫事務所代表)× 松家仁之(小説家・編集者)
日時:2018年7月14日(土) 15:00 – 16:30
会場:クレマチスの丘ホール
料金:当日有効の入館券のみ必要です。
参加方法:お電話にてお申込ください。
TEL:055-989-8780(水曜休)
詳細はWebサイトにて

1952年、千葉県市川市に生まれた星野道夫は、1976年に慶応義塾大学卒業後、田中光常のアシスタントを経て78年にアラスカに渡った。

アラスカ大学野生動物管理学部で学びながら、動物写真家としての活動を開始し、極北の大地に棲むグリズリー、カリブー、ムース、ホッキョクグマなどの生態をいきいきと捉えた写真で、日本の自然写真に新たな地平を切り拓いた。


(写真左)1頭のカリブーが雪解けのツンドラをさまよっていた。群れからはぐれてしまったのだろうか。それとも出産が近いのだろうか。川から立ち昇る朝霧と、山の斜面の残雪が不可思議な風景をつくりだしていた。僕は祈るような気持ちでシャッターを切った。(写真集より)

(写真左)母グマの背中に乗るのが好きな子グマだった。時々、母グマがブルッと背を振ると、子グマはそのまま転げ落ちる。それでも子グマはめげずに、再び背中をはいあがっていく。グリズリーの近くにいるという緊張感がフッと消えてしまうような、のどかな光景だった。(写真集より)

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ